Posted by & filed under R, コンピュータ関連, 分析.


遅れての更新です。

Rコミュニティ関連情報

R勉強会@福岡(fukuoka.R)
1月24日に第3回が開催されたそうです。Hardley Wickhamのdplyrチュートリアルをベースにワークショップが行わたみたいです。自分の地元だけにとても気になります。
HiRoshima.R #3
およそ3年ぶりの開催です。私もLTでちょいネタを発表する予定です。まだ会場に余裕がありますので、ぜひお越しください!
SappoRo.Rスピンオフ企画『続・心理統計学の基礎』読書会
2014年12月に発行された同書の読書会を2月25日に開催されます。講師は私が担当します。内容は説明とRによるデモンストレーションです。当日の資料はWebで公開する予定ですが、一緒にジンギスカンを食べたい勉強してみたいという方はぜひぜひ!

分析関連

Brunner-Munzel検定
二つの確率分布を比較することに関係する検定の一つ。ちょっと気になります。
Categorical Outcome Training
カテゴリカルな結果変数についてRでロジスティックモデルを使うための解説資料です。とても丁寧です。
状態空間モデルを活用した時系列データのCausalImpact分析
時系列データ解析でしばしば利用されている状態空間モデルについてのスライドです。Rのコードも記載してあります。

パッケージ関連

DiagrammeRパッケージ
Rでダイアグラムをゴリゴリ書くためのパッケージ。ダイアグラムの構造や書式を記述した部分をパッケージ内の関数grViz()などで読み込むと図を作ってくれます。ベースはJavaScriptのようですね。RmarkdownやShinyで活用できるみたいで楽しそうですが、構造記述がちょっと量がおおいですね…これは解説記事がほしいです。
jaguchiパッケージ
これすごいです、ほんとに。

その他

Revolution Analytics joins Microsoft
Rの商用パッケージを展開しているRevolution AnalyticsをMicrosoftが買収したというニュース。私のTLが一気にざわめき立ちました。おそらくはAzureとかあのあたりでのビックデータ云々で…でしょうね。なお一部で「RExcelはよ」というツイートも…
Rとウェブの融合(5)ーslidify、R Presentationー
ESTRELAで連載されている「Rとウェブの融合」12月号に掲載された内容です。Rのマークダウンからhtmlスライドを作成する手法の手順がシンプルに記載してあります。これとほぼ同じ内容をHiRoshima.R #3で発表する予定だったりする…

次回はちゃんとお昼に更新できるようにがんばります。

Tags:

Leave a Reply

  • (will not be published)