Posted by & filed under R, コンピュータ関連, 分析.


今回はちゃんと月曜12時20分に公開できました。

第46回R勉強会@東京(#TokyoR)

2015年2月21日に開催されました。私も参加させていただき、日頃お世話になっている方々と直接会うことができて感動しました。発表資料などのまとめにつきましては、以下の記事をご覧ください:

第46回R勉強会@東京に参加してきた – INPUTしたらOUTPUT!

以下補足です。

後半セッション

「順序データでもベイズモデリング」にて取り上げられているZeligパッケージはこちらのサイトにあります。実に興味深いです。

「Logistic Regression and Causal Estimation」のスライドはこちらのRPubsにあがっています。

「cyREST入門」について、講習会資料が整理されているとのことです↓

「R6パッケージの紹介―機能と実装」の質疑で挙がっていた内容について、hoxo_mさんが早速検証して記事にしております。仕事が早すぎです…

LTセッション

「Japan.R補完計画」にありました全国のR勉強会の「補完計画」についてですが、以下のツイートをご参照ください:

「R に「もしかして」機能を追加する」のスライドはこちらにあがっています。

ありがとうございました。次回参加するときは自分でもなにかネタを準備します。

パッケージ関連

Havenパッケージ
SPSSやSASやStataのデータを読み込めるパッケージです。Rにはforeignパッケージがありますが、こちらは高速でforeignパッケージではうまくいかないデータでも対応していたりするようです。
dratパッケージ
簡単に言うとGitHubからパッケージをインストールすると自動更新できない→できるようにした、というものです。すごいです。日本語による解説記事はこちらです。
webshotパッケージ
RでWebサイトのスクリーンショットを撮影するというパッケージです。日本語による解説および検証した記事はこちらです。
chartistパッケージ
JavaScriptのChartist.jsという可視化ライブラリをhtmlwidgetsからRに持ってくる、というパッケージです。こちらに開発者による詳しい説明があります。Tokyo.Rで作成するまでのデモがありましたが、すごいですね。

その他

Demonstration of ztable
Shinyを使って、ztableパッケージのデモンストレーションをするサイトです。論文とか報告書に表を載せたいときにはこのパッケージをチェックすると、少し幸せになれるかも知れません。
RcppとPCREでRでの文字列抽出を20倍速くした
タイトル通りの内容で20倍ってすごいなと思いました。上級ハンドブックはいつもデスクに置いてます!
WindowsでvagantにRStudio Serverを立てる
1年ほど前の記事ですが、実際に利用されているのをTokyo.Rで実際に目にしたのでもう一度確認しました。今手持ちのXPS13だと、これで使っていくのがいいのかもと思い始めてきました。
Rによる音声のサンプリング周波数変換
音声関連のネタです。諸事情により最近こういうネタに敏感になってます。
声をランダムに再生する
yeahパッケージにランダム再生という新機能が搭載されました!

先週は金曜から東京へ2泊3日でしたが、今週は火曜からまた2泊3日で札幌へ。こちらで3コマ分くらい喋ってきます。体力もつのかな…。

2 Responses to “先週見つけたR関連記事のメモ 2015/2/23”

    • kazutan

      いつも記事を読ませてもらってます。ありがとうございます。

      返信

Leave a Reply

  • (will not be published)