Posted by & filed under 料理.


前の記事の続きというか・・・
お客様が来るということでもう一品何か作ろうとスーパーに行ったら、サーモンとタコが安かったのでこの一品を作ることに。

201003061959001.jpg
<作り方(4人分?)>
マリネのドレッシング:
 オリーブオイル・・・大さじ1~2
 酢・・・大さじ2~3
 柑橘類の絞り汁・・・大さじ1ぐらい
 醤油・・・少量(小さじ半分くらい)
 バジル・・・小さじ1ぐらい
 粗引きコショウ・・・適量
具材:
 ゆでだこ・・・足2本ぐらい
 サーモン・・・刺身用の小さいのを1本分ぐらい
 たまねぎ・・・1個
 かいわれ大根・・・適量

・・・作り方は続きへ


○マリネドレッシングの調合
 1.材料をボウルに入れ、全力で混ぜる
 2.できれば乳化に近いところまで行きたいが、無理なら適当なところで終える

 材料は目安です。できるだけしっかり混ぜるようにしてください。正直マリネはここで決まります。私の経験では、このドレッシングをしっかり混ぜ込んで、液がにごる感じになるくらいまで行くといい感じです。個人的には酢・バジルが多めが好きです。

○漬け込みまで
 1.タコはスライスに、サーモンはお好みのサイズに切る
 2.たまねぎはスライスして、10分ほど水につけておく
 3.タコとサーモンをドレッシングのボウルに放り込み、さっくりと混ぜる
 4.ラップをして冷蔵庫に放り込む
 5.5~10分くらいおきに中身をさっくり混ぜ、なじませる

 たまねぎは新たまねぎでも普通のたまねぎでもいいです。またスライスを水にさらす時間はお好みで。実際に食べてみて、ちょっと辛いぐらいがちょうどいいでしょう。あとからドレッシングがかかると、苦味が甘みやうまみに変化します。

○盛り付け
 1.トータルで30分以上つけといたら、冷蔵庫から取り出す
 2.皿に水気をよく切ったたまねぎを敷く
 3.たまねぎの上に漬け込んでいたサーモンとタコを乗せる
 4.適度にかいわれ大根をのせ、全体に漬け込んでいたマリネ液をかける
 5.全力で食べる

 せっかくなので盛り付けをきれいにするといいでしょう。下にたまねぎを敷くのは、マリネの汁をよく吸収するようにするためもあります。彩りをだすためにもかいわれ大根などを乗せるのをお勧めします。

○全体的な注釈、アレンジのヒントなど
・マリネドレッシングについて
 ドレッシングの基本は「油+酢」です。魚介類のマリネなど洋風の場合にはオリーブオイルを使用するとまろやかさが出ます。中華ドレッシングの場合にはごま油を使用するとそれっぽくなります。
 マリネには「オリーブオイル・酢・バジル」が必須です。個人的な好みとしてコショウを利かせつつ柑橘類のさわやかさをプラスさせています。醤油をごく少量加えると味覚的になじみやすくなりますが味がぼやけやすくもなるので入れすぎに注意しましょう。

・柑橘類ってどれがいいの?
 基本はレモンなど酸味が強いものがあいますが、だいだいとかでも大丈夫です。ただみかんなど甘みが強すぎるものは避けたほうがいいでしょう。

・酢はどれを使えばいいの?
 好みですが、魚介類のマリネなので米酢などが安くて楽でしょう。ワインビネガーやバルサミコ酢はあうと思うのですが、使う機会が少ないので眠ってしまう可能性大ですね。

・他の食材でもOK?
 ほぼ何でもいけますが、個人的にタコが抜群においしいと感じます。また材料によって多少マリネドレッシングの配合を変える必要があるでしょう。いろいろと試してみてください。

Leave a Reply

  • (will not be published)