Posted by & filed under javascript, 開発.


前回の記事で報告したように、このブログのトップバナーをランダムで表示させるように設定しました。
今回は自分の忘備録として、その方法を記事にします。

まず、画像”gazou01.jpg”を表示させるためのhtmlタグは、以下のようになります:

<img src=”gazou01.jpg”>

このとき、”gazou01.jpg”、”gaozu02.jpg”、”gazou03.jpg”がランダムに表示されるということは、上のタグの中で「画像ファイル名が3つのうちランダムで中に入る」ということになります。

そうなるならば、以下の手続きでうまくいくと考えられます。
 1.要素を3つ格納できる配列(仮にArrayとします)を準備
 2.Arrayに3つのファイル名をそれぞれ要素に格納
 3.1から3の乱数を発生させる
 4.乱数の数値に対応する配列の要素を、タグの中に挿入

これ以外にももっと簡単な方法としては、画像ファイル名がちゃんと通し番号にしておいて、imgタグ内のファイル名で、通し番号の場所だけ乱数を入れることでもできます。
 1.乱数を発生させ、変数に格納する
 2.imgタグ内の、画像ファイルの通し番号の部分を変数に置き換える

コード的に簡単なのは下の方ですね。しかし今回は上のほうでやってみました。
また乱数の発生方法もいろいろあるので、もし皆さんがやってみようと思うのでしたら、いろいろ試してみるといいと思います。

このサイトでは記事を作成した時点では、javascriptで記述しています。気になる方は確認してみてください。もっともおぼえたての頃に作ったもののなので、今見ると恥ずかしい限りですが・・・

Leave a Reply

  • (will not be published)