Posted by & filed under レビュー, 分析, 書籍.


山田 剛史
オーム社
発売日:2008-01-25

Rの入門者および統計の入門者向けに書かれた書籍。
第1部が基礎編でインストールから初級の統計のお話、そしてRでの実行の仕方が解説。
第2部が応用編で行列・ベクトル・データフレームの扱い方、ちょっと複雑な統計のお話などが解説。

Rに関する解説や資料はwebや書籍でもかなりあるけど、この本は非常にわかりやすい。
個人的に一番嬉しかったのが応用編の最初の部分で、行列・ベクトル・データフレームの扱い方がわかりやすく説明してあったこと。
おそらくRへの移行で一番ネックになりやすいのがデータハンドリングだと思っているので、この点が解決したのは非常に嬉しい。
これからRを勉強したいと思っている人には迷わず進めていこうと思う1冊。

なお、この本で出てくるデータの人名や例などから、中の人はきっと野球が好きなんだろうなと思った。

One Response to “ブックレビュー Rによるやさしい統計学”

Leave a Reply

  • (will not be published)