Posted by & filed under R, コンピュータ関連, 分析.


多くの方に参加していただき、ありがとうございました。
心より感謝いたします。

動機

こういう企画をしていかないと、Rに触れることがままならないからです。実に残念な現状…

Webサイト

こちらです。

発表内容

私は導入セッション2つ目で、「データ処理とグラフ作成」という内容を担当しました。スライドは以下のリンク(RPubs)においています。
データ処理とグラフ作成

発表の感想

持ち時間20分のところを激しく超過した…orz
もうちょっと内容を絞るべきだった。猛省。

イベントの感想

もう少しタイムテーブルを考えなおしたほうがいい(特に導入セッション)。会場に使った部屋はそこまで問題なかったと思うけど、どうなんだろう。コメントください。
あと、誰もこの企画をHijiyama.Rと呼んでくれず、Kazutan.Rと呼んでた…

連絡

次回のHijiyama.Rは5月中旬に実施したいと考えています。またそのうち詳細を詰めてどこかで募集サイト準備します。

Leave a Reply

  • (will not be published)