Posted by & filed under 独想.


相方と息子が里帰り出産の都合で九州に帰ってはや2ヶ月。仕事が遅くなることも多く、また一人分の調理が面倒なこともあって外食中心となってしまった。

そこで最近できなかった独り飲みを頻繁に行っていった。そのなかで気づいたことをいくつか。

■独り飲みは3,000円台まで
私と飲んだのとがある方はお分かりだと思うけど、一度火がつくととことん飲んでしまうタイプ。ある程度自重したいと思いつつ、気分がよくなると飲みすぎて翌日自己嫌悪に入るわ仕事に差し障るわでダメになることが多い。ちょうどいいラインを探した結果、大体3,500円付近で押さえるとヒートアップもせずにお腹一杯で出れることが判明。飲み物が2つか3つ、食べ物も3つ位でこのくらい。

■生ビールではなく瓶ビール
こう暑いと生ビールをくいっといきたくなるのだけれども、生ビールの場合飲み干すまでに時間がかからない。つまり時間が持たない。そのため上述のラインをいとも簡単に突破してヒートアップしてしまう。ゆっくりと瓶ビールを注ぎつつチビチビやるのがいい。
なお、生ビールは店によっては手入れが悪く悲しい結果になることも多く、さらに発泡酒を使ってる店もあったりするので、新規のお店では瓶ビールが無難でもあります。

■焼き肉は諦める。むしろ寿司屋
どう考えても、独りで焼肉屋は行けなかった。無理です。
むしろ、高すぎるようなお店ではなければ、寿司屋がオススメ。握りを一人前とつまみや天ぷら、瓶を二本でちょうどいい感じになります。なお、回転寿司と寿司屋はレベルが違います。回転寿司(笑)となります

■梯子しない
お金がかかります。食べ過ぎます。飲みすぎます。明日に障ります。いいことありません。どうしてもまだ飲みたい場合はおうちでハイボールとかにしましょう。
しかしふらっと立ち寄りたくなるのが呑兵衛。なので、繁華街での独り飲みを避けるようにしましょう。

■新規開拓を積極的に
独りなので、外れのお店を引いても被害は自分だけ。そして当たりを引いたら後日みんなを連れてまた飲みに行きましょう。あなたの株もあがりますよ。
そしていろんなお店に行くことで、経験値を積むのもいいでしょう。レベル上げも必要です。

以上、最近の独り飲みで気づいたことをつらつらと書いてみました。
多分私以外には何も役に立たない内容かもしれませんが、参考になればと…

それでは、皆さんいい飲みを!

One Response to “独り飲み探訪を2ヶ月して思ったこと”

Leave a Reply

  • (will not be published)