Posted by & filed under PC, コンピュータ関連, デジタル.


モバイル投稿のため制限が出てしまったので分割。

(画面サイズの続き)
これについては完全に「どんなシーンで使うか」をよく考えた方がいい。でないとえらい失敗をすることになるだろう。あくまでも、Airはモバイルに最適化されたものだということは忘れないでほしい。
■その他のアクセサリについて
好きに選べばいいんじゃない?これは完全に使用する環境によって決まるし。

■総括
正直な話、この夏の本命はVAIO Z だと思ってた。性能とかも含めてあれば「バケモノ」意外に表現できない。これは今でも変わらない。たとえこのMac book Air が発表された今でもである。だがあれは「メインPCをいつでも持ち歩きたい」というユーザーには待望であっても、「セカンドマシンでいいものを」と言うものではない。また時代はクラウド、オンラインである。たとえ拡張性がなかろうとも、ストレージはオンライン化すればいい。出先で求められるグラフィック性能は余程専門的な仕事をしなければ十分なスペックである。そして何より安い!これは実のところ最大の魅力でもある。この夏のモバイルコンピュータの、最有力候補である個とは間違いないだろう。

■蛇足
WindowsをズットツカッテルからMacは…という人をたまに見かけるが、杞憂もいいところである。個人的に言わせてもらえれば、そんなことを言う人の八割はWindowsもあまり使いこなせてない。ある程度コンピュータを使えてコンピュータを理解してる人にとっては大した差異ではない。逆に熟知してWindowsを使いこなせてる人は、その習慣から難しいこともあると思う。嫌ならすべてオンラインでやってしまえばいい。気にならなくなる。
それに、昔から今でも、「Macの方が操作は簡単」。慣れない子どもや高齢者が使うなら、Macの方がいいとずっと思ってる。

One Response to “新Mac book Air が出た! 後編”

Leave a Reply

  • (will not be published)